大都会・大阪から ちょっと田舎な町に引っ越してきました。 人間には少し不便だけれど 犬には幸せな環境です。 トイ・プードルのノアと、ちょい田舎暮らしを楽しんでます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お耳のトラブル②
2011年06月25日 (土) | 編集 |
お耳のトラブル、続編です。

先週の土曜日に、右耳が赤くなって炎症を起こしてるということで
いただいた点耳薬を土・日・月と3日点して、火曜日の朝。

なんか前より更に痒がってる??
お尻を上げて頭を下げたポーズで、耳を座布団に擦りつけてました。

同じく土曜日に顔カットもしていただいてて、
その時につけてもらったリボンがゴージャスで(笑)
いつものより大きくて重そうだったんですよね。
なので気になるのかなー?と思って、取ってやろうか思いました。

ちなみに、今までずっとリボンつけられても全く気にしたことナシ。
自分で取ってしまうワンちゃんもいるという話も聞いたことあるけど
ノアの場合は、嫌がりもせず気にもせず、いつも平気。

で、リボン取ろうと思って、見たら・・・
右耳の付け根のとこがこんなことに!!!
(写真はクリックで大きくなります。気持ち悪くなければどうぞ。)

6月21日火曜日の朝↓
6月21日火曜日の朝


ちょっとグロいけど、アップだとこんな感じ。血も出てます。

ずる剥け!


右耳の顔に近いほうの一番上の部分です。

痒いんです・・・


リボンはこれよりだいぶ後ろだったので、関係なかったように思うけど
もしかしたら、掻いてるうちにリボンの端が傷口に当たって、
更に痒くなった可能性もあるかも。

どっちにしても、耳痒いのはわかってたんだから、
「今日はリボンなしでお願いします」 って トリマーさんに言えばよかったわ。
ちょっと後悔してます。

この日は平日火曜日だったので、とりあえず点耳薬だけ点して、私は仕事へ。
病院へは、家族に連れて行ってもらいました。

今まで、胃腸炎とか、内科的な病気にはなったことあるけど
ケガとか傷とか、そういうのは初めてで、
ノアの流血を見たのも初めてだったからビビりましたよー。


気になって、昼休みに家に電話をしました。
傷のところの皮膚を取って、顕微鏡で検査してもらって、
菌とかそういうのではなかったらしい。 やっぱり掻きすぎです。。。

5日分薬をもらって、また土曜日に見せに来てくださいと言われた、とのこと。
「薬って、塗り薬?飲み薬?」 と訊いたら、
「食べ薬。」・・・って。
「は?飲み薬ってこと?」
「ノアは人間みたいに薬は飲まん。ご飯に混ぜて、食べるんやから 食べ薬!」

はいはい。食べ薬ね。。。(面倒くさい!)
要するに、簡単に言うと(?)内服薬です。

抗生剤と抗炎症剤、1日2回を5日分。
点耳薬も引き続き1日1回、右耳に。

食べ薬も追加になりました


その日の夜、家に帰ってすぐ耳を見てみたら
ジュグジュグだったのが固まって、すでにこんなにキレイになってました。

6月21日火曜日の夜↓
6月21日火曜日の夜

周囲の毛についてた血もなくなってたので、
多分病院でキレイにしてもらったんだろうと思います。




そして、土曜日の今日、5日間 薬を 飲んで 食べて、病院に行ってきました。
昨日(金曜日)の夜には、こんなふうに↓カサブタになってたので、
傷のほうは大丈夫そうだけど、耳の中が心配。。。

6月24日金曜日の夜↓
6月24日金曜日の夜


耳を覗く器具(?)で、見てくださった獣医師先生、
「右耳はキレイになってきてますねー。
 今度は、左耳のほうが赤いですねー。」 って!!

やっぱり、というかなんというか。
更に一週間分の内服薬をいただいて、点耳薬も左右両方になりました。はぁぁ。

食べ薬は、抗生剤は前と同じもので、
抗炎症剤がなくなって、抗ヒスタミン剤になりました。
抗ヒスタミン剤って、人間は眠くなるけど、犬はどうなんだろ??
引っ掻き傷は、夜中にボリボリ掻いてできたと思われるので
痒みが治まって ぐっすり眠れるなら、眠くなるほうがいいのかしらん。

知り合いの方に聞いたところ、
しっかり治さないと、中途半端でお薬を止めたりしたら
炎症を繰り返すらしいので、また病院通いだわ。。。




おまけ。
今日もまたスタバへ行っちゃった。
今日はお友達のキャバリアちゃんやトイプーちゃんとも会えて嬉しかった!
ノアも習慣になっちゃったのか、スタバの前を通ったら、
さっさと階段登って入って行きます・・・飼い主の行動、読まれてる!

またスタバ!


 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。