大都会・大阪から ちょっと田舎な町に引っ越してきました。 人間には少し不便だけれど 犬には幸せな環境です。 トイ・プードルのノアと、ちょい田舎暮らしを楽しんでます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/5:クレープらしき物を食す。
2014年06月25日 (水) | 編集 |
ダブリンの街の中心部に戻って、お店をいろいろ見て歩きました。

土産物って、どの店も似たようなものだけど、見てると楽しい。

お土産物屋さん



子供向けのお土産、電車のおもちゃやお人形さん。
お人形さん、怖いっす。

子供向けお土産



店内、緑だらけです。目に良さそう。

緑だらけ



グラフトン・ストリートの外れにあるフィル・リノット像。
9年前にはありませんでした。

フィル



なんか甘い物食べたいねー、ということで
前の日に発見した、行列ができるスイーツお持ち帰り店へ行きました。
(↓お店の外観写真は前日の使い回し)

寒いのに、並んでまでアイスを・・・



ジェラートとワッフルとクレープがあって、
どう見てもジェラートが一番人気があって売れてるっぽい。

でも、こんなに寒いのに、野外でジェラート食べるのはイヤ。。。

なので、クレープにしました。
左が私のイチゴ&ホワイトチョコ、右はせっちゃんのチョコと・・・何か。

煎餅かっ?

目の前で作ってるところを見てたのですが、絶対オカシイ!
調理法を間違ってますよっ!

日本だと、お玉に一杯の生地を薄~く薄くのばすでしょ?
ここはお玉に3、4杯は継ぎ足して大きくしてた。。。
多けりゃええってもんちゃいまっせ!

で、しっかり焦げ目がつくまで焼く!パリパリになるまで焼く!!
焼き過ぎです!焦げ過ぎです!

左の私のから先に焼き始めたのに、右のせっちゃんのを先に裏返しましたよ。
そして裏面もガッツリ焼きます。

しっとり感ゼロの巨大なクッキーと化した円形の物体に具を乗せ、
更に焼きます。イチゴは ゆだっちゃってドロドロです。
イチゴにしっかり火が通ったら 定規のような物で折り目をつけて、
バキバキと折り畳む!!

・・・普通、ふにゃふにゃした生地をクルクルっと巻くよね・・・?



完成したのがこちら。

思い出したくないお味。。。

見るからにマズそうですが、ほんまにマズかったです。
完全に火が通ったイチゴが、ぶにょぶにょのぐちゅぐちゅです。
気持ち悪い。。。 そして めちゃくちゃ甘い。

頑張って半分食べたけど、ギブアップ。 ゴメンナサイ。

結構なお値段したのにな。。。



アイルランド2日目、5/5に訪れたのはこの3か所。

一日頑張った!


 

5/5:ルアスに乗って戻ります。
2014年06月24日 (火) | 編集 |
ここまで、観光しながら徒歩で来ましたが、
帰りはルアス(路面電車)に乗りますよー。

ってことで、駅を探してうろうろ。
というか、おろおろ。



迷いました。(想定内)



お。見えてきました、ヒューストン駅。

これは、長距離列車のヒューストン駅。
私達が探してるのは、路面電車のヒューストン駅だけど、
とりあえず この近くのはずですよ。

長距離列車のほうの駅



あったあった。ルアスのヒューストン駅。
駅?停留所?乗降所?

ルアス



券売機で切符を買います。
移動するゾーンによって料金が変わるようです。

切符



アイルランド語と英語で、駅名が併記されてます。
うーん。 もはや併記する意義が感じられない。。。

意地でも併記します。

上がアイルランド語で、下が英語です。
読める人いなくても(これは読めるけど)、意地でも上がアイルランド語。
アイリッシュの心意気を感じます。



ここで降りました。

ここで降りました。

ルアス、9年前に来た時は乗らなかったので、初体験でした。
確かその時は、出来立てホヤホヤだったという記憶。

で、思ったんですが、、、

切符を買う意味はあるんかいな?

改札なし、乗車時にチェックもなし。
車内での検札もなし、降りる時に渡すわけでもなし。

うーん。アイリッシュって、
善意と良心が服着て歩いてるような人ばかりなのでしょうか?

赤字にならんのかなー?と心配になりましたよ。



街中に戻ってきました。

街中に戻ってきました。



ダブリンの御堂筋、オコンネル・ストリート。
お久しぶりです!オコンネルさん!(銅像のおっさん)
9年間、お元気でしたか?

お久しぶりー。


 

5/5:現代美術館へ。
2014年06月23日 (月) | 編集 |
ダブリン街中から、西の外れまでやってきたのは
ギネス・ストアハウスが最大の目的だったのですが、
せっかくだから 西にある観光名所にもう一つ行ってみることに。



Irish Museum of Modern Art アイルランド現代美術館。
月曜日は休館日って書いてるけど、祝日なので開いてました。
(ほんとに祝日だったのね。何の祝日なのかは不明のままだけど…)

アイルランド版MoMA?

MoMA(ニューヨーク近代美術館)に名前が似てるけど、
そんな感じなのかなー? わくわく。

・・・いや、期待したらあかん。ここはアイルランド。



おー。いい感じじゃないっすか。

建物はステキですよー。



現代的、近代的、あるいはモダンな感じはゼロですが、
映画に出てきそうな素敵な建物ですよ。

広ーーーい。



映画に出てきそう。

実は、写真はこれだけしか撮ってません。
中の写真が一枚もない。なんでやろ???
撮影不可だったのかな?忘れました。。。

結論からいうと、全然面白くなかった。

なんやようわからん、芸術的すぎるオブジェみたいなんや、
音がブーブーいうてる機械?みたいなんや、なんやかんや。

凡人には理解不能でした。

この建物、もともと病院だったとか?(違うかも)
すっごい広いけど、美術館として使ってるのはほんの一部。
サクサク観て回ったら、10分くらいで終わります。

タダだけど、多分もう行かない。。。


 

5/5:ギネス・ストアハウス⑥
2014年06月22日 (日) | 編集 |
最上階に来ました。

ま、最上階といっても、7階ですけどね。。。
日本でいうところの8階になるのかな。

そこは、フロア全体がバーになってます。

最上階のバー



真ん中にドリンク・カウンターがあって、周囲は一面ガラス張り。
360°見渡せますよ~。

360°見渡せます。



あんまりお天気はよくなかったけど、結構よく見えました。

お天気よくなかったけど、



よく見えました。

いやぁ、すごいなー。さすがダブリンだなー。

何がすごいって、

「たったの7階なのに、周囲の建物がすべて見下ろせる」

ってのが、すごいよね。

大阪やったら、7階建てなんて見下ろされる側やで!
と、突っ込まずにはいられません。



入場券をカウンターで見せるとギネスを1パイントもらえます。
が。。。私はアルコールが一滴も飲めないので、コーラ。

お酒飲めないのは損だわ~

せっちゃんはお酒飲めるけど、
「黒ビールはちょっと苦手やし、昼間から1パイント飲める自信がないわ。」
ってことで、スプライト飲んでました。

ソフト・ドリンクは、コーラとスプライトとファンタの3種類でした。
せめてコーラも、パイントグラス(ハーフでもいいので)に入れてくれたら
気分だけでも味わえていいのにな~。


 

5/5:ギネス・ストアハウス⑤
2014年06月21日 (土) | 編集 |
これは何のための展示だったんだろう?思い出せない。。。
なんかカッコいいから写真撮っただけかも。。。

カウンター



写真にあまり人が写り込んでないので、さびれてるように見えますが
実は結構いっぱい人がいて賑わってました。

・・・というのがわかる写真↓。

観光客うじゃうじゃ



館内に、数個のバーやレストラン、カフェがあります。

バー



後で知ったけど、結構おいしいそうですよ。
どの店かはわかりませんが。

レストラン



レストラン?

今度行ったら、食べてみよーっと。



さあ、入場券を持って最上階へ上がりますよ。

最後まで失くしたらアカンよー。

最上階では、この入場券が必要になるので、失くさないように気を付けましょう。

私は、落し物・忘れ物・失くし物の天才、三冠王ですが、
今回は失くしませんでしたよ~。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。